企業の「適材適所」の実態を調査、3人に1人は上司とは合っていないと回答―リクルートマネジメントソリューションズ

資格・スクール

 RMSによれば本調査は、従業員自身が認識する組織や仕事に対する適合度やそれらを促進・阻害する要因に加え、上司による部下への支援行動について明らかにし、従業員にとっての適材適所とは何かを考えるヒントを得ることを目的に実施。適材適所を実現するための配置・異動施策に関する企業調査は散見されるが、本調査では従業員の声をもとに、職場における適材適所の実態を明らかにすることを試みたという。

 回答は従業員300名以上の企業に務める管理職、一般社員より募っている。組織や仕事への適合度やこれまでの異動経験を聞くことから、社会人経験3年目以降の20代半ばから40代の正社員を対象とした。分析に際しては、適合度や要因の認識は一律ではなく、属性や志向によって傾向が異なることも考慮し、グループ別集計も行われた。

 調査内容は、従業員の適材適所実現状況、適材適所のために重視していること、適材適所の障害など。

調査概要(出典:リクルートマネジメントソリューションズ)

 調査結果からは、一般社員の3人に1人が「自分は上司と会っていない」と感じていることが判明。また、一般社員よりも管理職のほうが仕事への適合度がやや高く、サービス系より事務系のほうが会社への適合度が高いことが特徴として現れた。

 また、5段階評価で「仕事内容が自分のできること(経験や能力……(中略)…… h/journal/" target="_blank">こちらから無料でダウンロードできる。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
マネジャーの「育てる力」をいかに育てるか――知るべき2つのポイントと力がつくワークショップの手順

マネジャーの役目は「人を育てる」こと  マネジャーの仕事にはいろいろなも …

資格・スクール
2019年9月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、技術系(IT・通信)の求人は引き続き10倍超え―パーソルキャリア

 2019年9月の転職求人倍率は、前月比0.10ポイント減の2.69倍で、求人数は前月比100.2% …

資格・スクール
プログラミングやデータサイエンスの問題を出しスキルを見極めて求職者にオファーできる「athletics」を提供開始―ギブリー

 同社は、2016年より展開しているプログラミングスキルチェックツール「track」を通じて、エンジ …