企業で働くクリエイター向けWebメディア「CreatorZine」をプレオープン―翔泳社

資格・スクール

 CreatorZineでは、「UI/UX」「デザイン」「映像」「ゲーム」「インタラクティブ」といったクリエイティブに関する最新情報をはじめ、その周辺にあるビジネスやテクノロジー、開発など、さまざまな領域の情報を発信。専門家によるコラムや編集部によるインタビュー、クリエイティブ関連のニュースなどのテキストコンテンツのほか、動画コンテンツも配信する。

 7~9月は、サイトオープン記念として、会員登録者へのアンケートおよびに書籍プレゼントの企画を実施。10月以降にはメルマガ配信やイベント開催も予定している。

 CreatorZine編集部は同メディアをオープンする背景や目的について、次のように述べている。

 「昨今、クリエイティブ、ビジネス、開発、テクノロジーなど、様々な領域の垣根はより曖昧なものになってきたように思います。『クリエイター』という言葉が指し示す範囲や求められる役割も、すでに変わり始めているのかもしれません。

 だからこそ、今の専門分野をさらに深めていただくだけでなく、『あまり関係ないような気がしていたけど、意外と活かせるかもしれない』というような、『今まで』の領域の周りにある“プラス1”の情報や視点をお伝えする場として、クリエイターの皆さんのお役に立てたらと考えています」(CreatorZine編集部・中村……(中略)…… ne編集部・中村直香)

 CreatorZineの本オープンは2019年10月の予定。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
「給与調査2020」を刊行、日本の産業・職種別給与水準を掲載―ロバート・ウォルターズ・ジャパン

 同資料では、ロバート・ウォルターズ・ジャパン 代表取締役社長のジェレミー・サンプソン氏が「複数の側 …

資格・スクール
「GTCI(人財競争力に関する国際調査)2020」を発表、国別で日本は19位、都市別で東京は8位―アデコグループ

 GTCI 2020は、スイス・ダボスで開催されたWorld Economic Forum(世界経済 …

資格・スクール
人材管理システム「ヒトマワリ」に組織シミュレーションと評価管理/ワークフローの機能を追加―グローバンス

「ヒトマワリ」の画面  「組織シミュレーション機能」では、経営指標と照らし合わせて定量的に組織の状態 …