介護福祉士試験対策~発達と老化の理解~

資格・スクール
人間は生まれてから死ぬまで、生涯に渡って発達する 「人間は段階的に発達する」という発達段階説を提唱したのは、ピアジェ、フロイト、エリクソンらです。そのうち、ピアジェとフロイトの発達段階説では思春期以前の区分けが集中していますが、「人間は生まれてから死ぬまで、生涯に渡って発達する」と提唱したのが精神分析家のエリクソンです。

エリクソンは人間の一生を8段階<乳児期、幼児期前期、幼児期後期、児童期、青年期、成年期初期、成年期中期、成年期後期(老年期)>に分け、各段階に発達課題を設けています。前回の予習問題の解答、老年期の発達課題は、統合感の獲得です。過去の試験で出題されたハヴィガーストは発達段階という概念を初めて提唱しました。
 

高齢になっても維持されるのは結晶性知能?流動性知能? ここからは、老化に伴って生じる変化について学んでいきましょう。知能には結晶性知能と流動性知能があります。結晶性知能は経験や知識の豊かさと結びついている能力で高齢期になっても維持されます。一方、流動性知能は新しい環境に手適応する能力で、個人差はありますが老化とともに低下します。

さらに高齢者の身体的な特徴としては、免疫機能の低下(過去の試験で出題された内容)、皮膚の乾燥化、視覚は寒色や暗色が見えにくくなる、聴覚は高音域が聴こえにくくなります。外耳から内耳にか……(中略)…… て下さい。

正解は次回の記事でお伝えします!

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
RPAのシナリオ開発は56%が利用部門で実施、76%が「人材育成が難しい」と回答―ヒューマンリソシア

 同調査は2019年8月6日~12月17日に、同社のRPAシナリオ作成技術者養成研修に参加した法人担 …

資格・スクール
多様性の高いチームは業務・人間関係ともに良好という一方、心身の疲れも―リクルートマネジメントソリューションズ

 同調査では、日本企業のチームにおける多様性経験の実態を明らかにしつつ、多様性のあるチームをうまくマ …

資格・スクール
第1回「アルゴリズム実技検定」の実施結果を発表、エキスパート認定者は全体の14%―AtCoder

 同検定は「アルゴリズムをデザインし、コーディングする能力」、つまり1からプログラムを作成する能力を …