中1の数学…正負の数や方程式の勉強法秘策で「中1ギャップ」克服!

学習・教育
<!----> 中学校生活で大きく変わるのは、数学や英語などの勉強面での変化です。小学校に通っていたときとは違い、自分で考えて勉強しなければいけません。

こうした勉強面でのつまずきは、即、中1ギャップにつながります。中でも、数学は算数と違い格段に難しくなる教科です。しかし、そんな数学も、3つのポイントに注意した勉強のやり方をすれば、つまずくことがなくなります。​​​​

【中1数学でつまずかない勉強・目次】

  中1数学でつまずかない勉強法1.正負の数の計算は左右にいくつ?で考える

中学校の教科書には、正の数・負の数の計算は、次のように解くように書かれています。

(-12)+(+5)
=-(12-5)
=-7

あるいは、

(-2)+(-3)
=-(2+3)
=-5

などです。

ところがこの解き方だと、「“+”だったところがいつの間にか“-”になっている」と不思議に思いながらも解いていくことになります。

「(-2)+(-3)」という計算でも、いつの間にか「-(2+3)」と、「“-”が“+”に変わっている」ことに気づきます。

……(中略)…… /p>

【関連書籍】

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
スポーツ教室・忍者ナイン、小学生向け新コース

 やる気スイッチグループの幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」は、小学生向けにスポーツ種目別の …

学習・教育
プログラミング教育ロボット「こくり」、特別支援学級で実証実験

日販テクシード(NT)は、同社が独自開発したタブレット一体型のプログラミング教育向けロボット「こくり …

学習・教育
「女子学生のためのテクノフェスタ」名工大11/9

 女子中高生を対象にした「女子学生のためのテクノフェスタ」が2019年11月9日、名古屋工業大学で開 …