中高生向け「次世代型キャリア教育ENAGEED」、タブレット版の提供開始

学習・教育

エナジードは10日、中学・高校生向け補助教材「次世代型キャリア教育ENAGEED」のタブレット版の提供を開始した。

「ENAGEED」は、2016年から中学・高校生向け補助教材として、主に「総合的な学習の時間」に活用されている教材。

「AIやロボットには代替の効かない、これからの時代に人が求められる力」を教師が授業で取り扱い、生徒が学ぶことができる。紙媒体で全国160校以上の国公私立の学校や40法人以上の学習塾で採用されている。

今回のタブレット版は、これまで紙媒体では実現が難しかった「ENAGEED」上での生徒のアクションや他生徒とのコミュニケーション度合いの測定、教師と生徒のインタラクティブな授業のサポートなど、デジタルの特性を活かした機能を開発した。

また、教師側の負担を減らすべく、スムーズな添削が行えるインターフェイスや教師向け指導書の大幅アップデート、研修など各種サポートの強化など、円滑な教育現場づくりを実現する。

具体的には、生徒が出したアイデアに対して、タブレット上で他の生徒からアクションボタンによる評価やコメントを受けることができる。これにより、生徒は自分のアイデアが認められるというポジティブな経験を積み重ねられる。

また、生徒一人ひとりの作業状況を、タブレット上でリアルタイム……(中略)…… >エナジード

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【小学校受験】東急・小田急沿線24校と幼稚園が参加、合同相談会1/19

 東急・小田急沿線の24校が参加する「私立小学校合同相談会」が2020年1月19日、洗足学園小学校で …

学習・教育
SIE、新作発表会でロボットトイ「toio」の新タイトルを一挙公開

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は12日、「新作タイトル発表会」を開催し、ロボッ …

学習・教育
【大学受験】共通テストの記述採点、準備状況を公表

 ベネッセのグループ企業である学力評価研究機構は2019年11月12日、大学入学共通テスト「国語・数 …