中標津小学校、グループ1台でのタブレット活用実践

学習・教育

【PR】MetaMoJi ClassRooomで生徒の「思考」をリアルタイムに可視化
北海道・中標津町立中標津小学校 外川 篤司

中標津小学校 外川 篤司 教諭

子どもの思考は、リアルタイムである。今行われている問題解決に反映させ、さらに、「思考」が連続していくような授業を構想したい。これができれば、授業の流れ自体も変わっていくことになる。

特に、グループの話し合いを中心とした展開段階において、お互いの話し合いの内容が表示されることによる、同時進行の交流は、「話し合い→発表→交流」という流れを「話し合い→次への課題」というように変える。

このことは、子どもたちの思考を妨げないというメリットとともに、さらに次の課題へと進んでいくことになる。これを実現してくれたのが、MetaMoJi ClassRoomである。

導入されたiPadの数は、グループ1台

思考力・判断力・表現力等の個の学習の充実を図るため一人1台を望んでいたが、実際には、グループに1台しかあたらない数の導入から始まった。グループに1台というメリットもあった。

一つは、話し合いを深めるということであり、二つ目に他のグループの内容が大きくて見やすいということである。二つ……(中略)…… education/case/" target="_blank"> MetaMoJi 学校での導入事例

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
中学受験で理社の成績が伸びる子の共通点とは

<!– –> 中学受験で理社の成績が伸びる子の共通点とは 高校受 …

学習・教育
学生国際ロボコン…ARC部門で日本が銀メダル、4チーム入賞

 学生国際ロボットコンテスト「WRO2019ハンガリー国際大会」のARC部門で、チーム「KAIT S …

学習・教育
AI視覚支援デバイス「OrCam MyReader」豊島区の図書館で試験導入

OrCam Technologiesは11日、同社のAI搭載ウェアラブル視覚支援デバイス「OrCam …