中小企業診断士1次試験:直前対策としてやるべきこと

資格・スクール
模試の成績で一喜一憂しない

1次試験は当日まで、詰め込み学習が有効


中小企業診断士1次試験まで1カ月をきった7月は、模試の(自己採点)結果を受けて、心が折れそうになってしまう方も少なくありません。一方で、ほぼ合格レベルに到達していることを確認し、少し気が緩んでしまう方もいらっしゃいます。ですが、結果が良くも悪くもあくまで模試なので、本試験の合否に対する直接的な影響は何もありません。

本試験では、受験会場ならではの緊張感や精神的なプレッシャーの中で実力を発揮しなくてはなりません。だからこそ、これまでの勉強量や学習方法、答練や模試の結果などに個人差はあるものの、以下は全受験生の試験に向けての共通目標であるべきです。

試験当日までにできる限りレベルアップしておくこと 持っている実力を最大限発揮するための準備をしておくこと そのために今やるべきことを、整理してお伝えします。
  原点回帰! 基本知識や頻出領域を優先する 中小企業診断士1次試験の出題範囲は幅広いですが、どの科目においても毎年のように出題される論点や、これまで繰り返し出題されてきた論点が必ずあります。それらは、本試験で絶対に落としてはならない問題です。受験生が、もっとも回避しなくてはならないのは、1科目でも合格基準……(中略)…… ="_blank" rel="nofollow">

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
ホラクラシー鼎談《前編》――ヒエラルキー構造が組織の当たり前の中、どのように取り組んで実現してきたのか

話者 武井浩三氏(ダイヤモンドメディア株式会社 代表取締役) …

資格・スクール
当初は大苦戦したエンジニアの「採用広報」、その時見直した・作り直したものとは――リクルートテクノロジーズ 広報 松尾奈美氏《前編》

大切なのは会社のブランドではなく「何ができる組織か」だった ――現在の業務内容について教えてください …

資格・スクール
社内のエンジニアが社外に情報発信してくれる「採用広報」の空気はなぜできたか――リクルートテクノロジーズ 広報 松尾奈美氏《後編》

本記事の前編はこちらから。 エンジニアに社外へ発信してもらうには ――現在では積極的に社外へ発信され …