中学1年生の約半数、勉強で頼るのは「親」学研プラス調査

学習・教育
 勉強がわからないときに頼るものについて、中学1年生の48.0%が「親」と回答していることが学研プラスの調査により明らかになった。しかし、中学2年生では39.0%、中学3年生では29.0%と学年が上がるにつれて親を頼らなくなる傾向が見られた。

 学研プラスが実施した「いまどきの中学生と親の勉強事情に関する調査」は、全国の30代~60代の公立中学校へ通う子どもを持つ男女を対象に行われたもの。有効回答数は600名。調査時期は2018年3月下旬。

 スマートフォンを持っている中学生は62.0%。スマートフォン所持者・非所持者別に勉強方法について調べると、スマートフォンの所持・非所持に関わらず1位「参考書や問題集」、2位「通信教材」、3位「インターネット」とTOP3は同じであった。

 勉強がわからないときに頼るものを聞いたところ、中学1年生の1位は「親」48.0%。一方、中学2年生は「親」39.0%が3位、中学3年生は「親」29.0%が6位と、学年が上がるにつれて親を頼らなくなる傾向が見られた。中学3年生は、「親」の代わりに「参考書」を頼る学生が増えている。

 親と子どもの苦手な教科について調べると、約半数の親子の苦手教科が一致。1位「公民」、2位「数学」、3位「国語」であった。中学1年生・2年生は勉強で「親」を頼るという回答がTOP3にランクインし……(中略)…… 7.5%。そのうち、85.2%が最後まで読みきらずに使わなくなってしまった経験があることが明らかになった。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
Libry、ICT活用で教員の働き方改革を求める「政策提言」キャンペーン開始

Libry(リブリー)は17日、「教員の働き方改革のためのICT活用」を求める政策提言キャンペーンを …

学習・教育
ソフトバンク、ロボットプログラミング教育の成果発表会

 ソフトバンクグループとソフトバンクロボティクスは、「Pepper 社会貢献プログラム」に参加する全 …

学習・教育
朝日学生新聞社、書籍『親が知っておきたい 学びの本質の教科書 教科別編』

朝日学生新聞社は、『親が知っておきたい 学びの本質の教科書 教科別編』を31日に発売する。価格は15 …