中学生の約2割、学習のため毎日ネット利用

学習・教育
 学習のためにインターネットを利用している子どもは中学生になると一気に拡大し、中学生の約2割が学習のため毎日インターネットを利用していることが、NTTドコモ モバイル社会研究所が2018年12月14日に発表した調査レポートで明らかになった。

 調査レポートは、関東1都6県に在住する小中学生とその保護者500組を対象に実施した「子どものケータイ利用に関する調査2018」の結果を分析したもの。「子どものICT利活用の検討」と題して発表しており、今回は10本目のレポートをWebサイトに掲載した。

 YouTubeの利用頻度について聞いたところ、「毎日YouTubeを見る」と回答した小中学生はいずれの学年でも3割を超える結果に。中学生になると毎日視聴する割合は6割程度に拡大し、もっとも視聴割合が高い中学1年生では「毎日4時間より多い」が5%、「毎日2~3時間くらい」20%、「毎日1時間くらい」18%、「毎日30分くらい」28%と、毎日YouTubeを視聴する割合が7割を超えた。

 どういう目的でインターネットやYouTube等の動画を利用しているのかを把握するべく、「学校や塾の宿題について、インターネットで調べたり動画を見る頻度」を質問。学習のためにインターネットを利用する割合は中学生になると一気に拡大し、中学生の約2割が「学習のため毎日インターネットを利用する……(中略)…… しも遊びだけに使っているわけではなく、学年が上がるにつれ学習にも積極的に活用されているようすがうかがえた。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【大学受験2020】慶大、前年は補欠者の29.2%が繰上合格

 2020年度の私立大学一般入試が実施されており、慶應義塾大学は2月21日より、早稲田大学は2月20 …

学習・教育
関西の名門校「関西学院高等部」が挑戦する「探究学習2.0」の取り組みとは?

【PR】 関西学院高等部 田澤秀信副部長(教頭) 関西屈指の歴史と伝統を誇る名門校、関西学院高等部。 …

学習・教育
【大学受験2021】慶大SFC、AO入試対象コンテストを追加

 慶應義塾大学は、総合政策学部と環境情報学部の「アドミッションズ・オフィスによる自由応募入試」(AO …