世界中からPLAYを輸入する商社CAST JAPANが今年もEDIXT2019に出展

学習・教育

【PR】
世界中からPLAYを輸入する商社CAST JAPANは、今年もEDIXT2019に出展する。

同社は、学校での学習機会を総合的に捉え、PCを必要としないアンプラグド教材とPCやタブレットを使うプラグドSETAM教材を横断的に網羅する。スクリーン内でのコーディング体験だけでなく、コンピューターの働きや21世紀型スキルをボードゲームなどのアナログ教材を使って学ぶことを提案している。

またそれらの教材をクラスでの授業にどう落とし込むかについて教師向け指導マニュアルを出版する。『PLAY学習~Learning by Playing』という1〜6年生までのプログラムは、21世紀型スキルを育成して予測不可能な時代に全ての子どもたちが自分の未来をデザインする力をつけることを学習目標に据える。アンプラグドとプラグド教材を通してPLAY→LEARN→DESIGNの3ステップを習得していく。

具体的な教材を紹介しよう。

アメリカのThink Fun社からは、コンピューター・サイエンスの理解につながるボードゲームを展示する。

『HACKER』は、NASAのVRプログラマーが開発したコーディングゲームで、ハッカーの視点からコンピューターのセキュリティ対策を学ぶ。プログラミング→ハッキング→修正プログラミングとい……(中略)…… //www.cast-japan.com/" target="_blank">CAST JAPAN

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
年長からは小学校受験の準備!合格ママからのアドバイス

<!– –> 年長からの小学校受験の準備 年長からの小学校受験の …

学習・教育
小中学生の母親、勉強よりも「体づくり」に関心

 小中学生の子どもを持つ母親は、勉強より「体づくり」への関心が高いことが、雪印メグミルクが発表した調 …

学習・教育
Z会×エンビジョン、小6向けのオンライン英会話レッスンを来春から開始

Z会とエンビジョンの2社は、2020年4月から、Z会の通信教育「小学生コース」6年生の英語講座受講者 …