下田市、N高と連携…中学生にプログラミング授業開講

学習・教育
 角川ドワンゴ学園「N高等学校(N高)」は2018年5月30日、静岡県下田市と提携し、下田市立の中学生希望者を対象としたプログラミング教室を開講すると発表した。N高で実施しているプログラミング教育の教材や知見を生かし、Webプログラミング授業を実施する。

 Webプログラミングの映像授業は、N高生が使用している双方向学習アプリ「N予備校」を用いて行うプログラミング授業。講師と教材制作はドワンゴのトップエンジニアが務める。下田市との連携では、希望中学生はおもに「プログラミング入門 Webアプリコース」を学習する。

 IT企業で必要とされるプログラミング品質を保つため、教室では現地講師2名が学習サポートを行う。生徒がいつでも質問や相談をできる体制を整え、N高・通学コースでも導入しているコーチングメソッドを用いて指導する。

 初回は2018年6月6日午後3時半に開始予定。2018年度は1学期4回、夏休み16回、2学期11回、冬休み1回、3学期3回と、年間35回の実施を予定している。会場は下田市立下田中学校および下田市立稲生沢中学校のパソコン室。市内の中学生希望者59名を対象に実施する。内容は、HTML、JavaScript、Linux、GitHub、Node.js、Webセキュリティ、データベースを扱う。

 今回の連携について、福井祐輔下田市長「子……(中略)…… とした最先端の教育機会を提供することで地域間格差の解消やITを活用した地方創生に取り組んでいくとしている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
舞洲プロジェクト「バスケットボール教室」2/2…小中学生80名募集

 舞洲プロジェクトは2019年2月2日、小中学生を対象に「チャレンジ・アスリート~大阪エヴェッサ バ …

学習・教育
奈良市、SNS活用のいじめ相談窓口「STOPit」啓発カードを私立全校に配布

奈良市は、奈良市教育委員会事務局いじめ防止生徒指導課が独自に開設している相談窓口「ストップいじめなら …

学習・教育
LINE、京都市と包括連携協定…プログラミング教育、英語教育など協働

 LINEと京都市は2018年12月10日、持続可能でイノベーショナルな都市づくりを共に進めるため、 …