ワコム、独創性豊かな「教育向けアプリ」開発コンテスト

学習・教育
 ワコムは、独創性に富んだ教育向けアプリの開発を促進する「インカソン(Inkathon)」を開催する。ミートアップ(説明会)は2019年9月17日に、東京・千代田区の紀尾井カンファレンスで行われる。募集期間は10月15日まで。

 インカソンとは、「インク」と「ハッカソン(コンピューター・プログラムなどの開発、改良でアイデアや成果を競い合うもの)」を組み合わせた造語。今回は、「EdTech(教育×テクノロジー)の進化を、デジタルインクで加速しよう」をテーマに、ワコムが提供するデジタルインクの技術WILL(Wacom Ink Layer Language)のソフトウェア開発キット(SDK)を使って、新たなインクアプリを開発する。

 9月17日に行われる開発者向けのミートアップ(説明会)では、WILLテクノロジーの説明や教育現場における課題・事例を紹介する。パネルディスカッションには、EdTech推進に意欲的に取り組んでいるデジタルハリウッド大学大学院の佐藤昌宏教授やワコムの井出信孝社長兼CEOらが参加予定。ディスカッションの中から開発に向けたヒントを見つけ出し、開発に役立ててほしいとしている。

 ワコムの提供するデジタルインク技術WILLを活用することで、デジタルインク(手書き)のメリットを生かした独創的な教育向けアプリの開発が期待される。教師と生徒を双方……(中略)…… 賞金:1位1万2,000米ドル、2位8,000米ドル、3位5,000米ドル※詳細はWebサイトで確認できる

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
学生国際ロボコン…ARC部門で日本が銀メダル、4チーム入賞

 学生国際ロボットコンテスト「WRO2019ハンガリー国際大会」のARC部門で、チーム「KAIT S …

学習・教育
AI視覚支援デバイス「OrCam MyReader」豊島区の図書館で試験導入

OrCam Technologiesは11日、同社のAI搭載ウェアラブル視覚支援デバイス「OrCam …

学習・教育
年長でやる算数はどこまで?小学校入学までに準備したい算数学習

<!– –> 小学校入学前にする算数の準備は? 年が明けるとあっ …