ロボット世界大会「WLRC」日本チームが招待ラウンドに出場決定

学習・教育

みらいごとラボは28日、同社の運営するプログラミングスクールの2チームが、米Wonder社主催のロボットプログラミング世界大会「Wonder League Robotics Competition (WLRC)」で、上位チームだけで構成される招待ラウンドへの出場が決定したことを明らかにした。

同大会はDashというプログラミングで動かすロボットを使ったもので、今年のテーマは「海洋学」。深海生物や海底遺跡について調査や工作をしたり、海洋汚染に関する問題などをチームで話し合ったりしながら、課題に挑戦する。

課題解決のためのプログラミングスキルはもちろん、ストーリービルディング、解決方法のディスカッション、工作、プレゼンテーションなど、さまざまなスキルが求められる。昨年は世界63カ国から2万人が参加したという。

招待ラウンドは3月1日に世界同時スタートし、1カ月間、世界中の子どもたちが同じ課題にチャレンジする。入賞発表は4月。

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

……(中略)…… 3月1日に世界同時スタートし、1カ月間、世界中の子どもたちが同じ課題にチャレンジする。入賞発表は4月。

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
小中学生の母親、勉強よりも「体づくり」に関心

 小中学生の子どもを持つ母親は、勉強より「体づくり」への関心が高いことが、雪印メグミルクが発表した調 …

学習・教育
Z会×エンビジョン、小6向けのオンライン英会話レッスンを来春から開始

Z会とエンビジョンの2社は、2020年4月から、Z会の通信教育「小学生コース」6年生の英語講座受講者 …

学習・教育
ソニー、toioで学ぶロボットプログラミング12/14

 ソニー・サイエンスプログラムは2019年12月14日、小学3年生から小学6年生を対象に、「toio …