ユーザーの視野を向上する視覚障害者向け「eSightマイグラス」発売

学習・教育

FQ Japanは、視覚障害者向け「eSightマイグラス」を5月1日に発売、今月19日から予約を受け付けている。

「eSightマイグラス」は、2013年にカナダのeSight社が発売開始したロービジョンケア製品。高速高解像度カメラと有機ディスプレイが搭載されたヘッドセット本体と、映像を拡大しコントラストの強弱などの操作を容易にするコントローラーがセットになっている。

同製品を装着することで、ユーザーは高速高解像度カメラを通し、2つの有機ディスプレイに画像を映し出して見ることができる。病気などにより網膜の黄斑部の中心にある中心窩が障害を負ってしまうと、視野の欠損や中心の暗点が起こり視力を低下させてしまうが、同製品は計算されたアルゴリズムに基づいて画像を補正し、ユーザーの視野を向上させることができる。

さらに、独自のバイオプティック機能により、マイグラスの装着を3段階のポジションに調整することができ、周辺視野を最大限に活用できるので、日常生活のさまざまな場面に合わせて使用することができる。このバイオプティック機能は周辺視野を活用できるので、いわゆるVR酔い防止にも効果があるという。

同製品は、良い方の目の視力が0.025~0.25、視野15度以上 (少なくても10度以上)、中心暗点や視野欠損のある5歳以上の人に最適として……(中略)…… a href="http://www.fqj.co.jp" target="_blank">FQ Japan

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
教育機関向けインタラクティブ動画パッケージ「TouchSpot for School」を提供

タッチスポットは17日、同社のインタラクティブ動画「TouchSpot」の教育機関向けパッケージ「T …

学習・教育
Libry、ICT活用で教員の働き方改革を求める「政策提言」キャンペーン開始

Libry(リブリー)は17日、「教員の働き方改革のためのICT活用」を求める政策提言キャンペーンを …

学習・教育
ソフトバンク、ロボットプログラミング教育の成果発表会

 ソフトバンクグループとソフトバンクロボティクスは、「Pepper 社会貢献プログラム」に参加する全 …