モティファイから人材育成プラットフォーム事業を譲り受けHR Tech事業に参入―アックスコンサルティング

資格・スクール

 ACCSは、税理士事務所をはじめとした士業事務所向けのコンサルティング事業などを展開しているが、同社の顧客である士業事務所などでは、他業界と同様に、人材の定着やリテンションが課題になっているという。また、日本国内のクラウドベースのHR Tech市場は2019年で355億円規模、40%超の成長(出典:ミック経済研究所)を遂げており、その魅力が高まっている。

 これらを背景として、ACCSはモティファイより人材育成プラットフォーム事業(クラウドベースの「Motify Culture Check」、顧客基盤含む)を譲り受ける契約を交わし、HR Tech事業に参入。ACCSが提供しているコンサルティングサービスと組み合わせて、人材に関する企業の課題を解決していく。

 「Motify Culture Check」は、マネージャーの育成や新入社員の早期育成・離職防止に寄与するクラウドベースの人材育成プラットフォーム製品で、400社以上の導入実績があるという。製品名は、10月8日付で「MotifyHR(モティファイエイチアール)」に変更した。

MotifyHR(旧称:Motify Culture Check)関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

……(中略)…… アール)」に変更した。

MotifyHR(旧称:Motify Culture Check)関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
LEGO(R)を使った国際的ロボット競技大会、開催迫る

中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田 哲次)運営するロボット製作×プログラミング×STEM教 …

資格・スクール
ポイントはおもてなし?! なぜ“メスライオン”は欲しいと思うエンジニアを次々に採用できるのか――ネオキャリア 宇田川奈津紀氏

社内エンジニアとの信頼関係がベースになる  今はとにかくエンジニア採用が …

資格・スクール
マネジャーの「育てる力」をいかに育てるか――知るべき2つのポイントと力がつくワークショップの手順

マネジャーの役目は「人を育てる」こと  マネジャーの仕事にはいろいろなも …