ミドル・シニア層の組み込みエンジニア向けのディープラーニングエンジニア育成プログラムを提供―パソナテック

資格・スクール

 パソナテックは、同社の組み込みディープラーニングフレームワーク「Qumico」を活用して、AI・IoT分野での開発経験のないミドル・シニア層の組み込みエンジニアを主な対象に、「組込みディープラーニングエンジニア育成プログラム」を開始することを8月17日に発表した。

 「Qumico」はPython言語を使って作成した学習済みのニューラルネットワークを、C言語に自動変換する。そのためPythonや複雑なニューラルネットワークの知識がなくても、C言語の知識を用いてAI・IoT分野での開発ができるという。

 今回提供を開始する育成プログラムでは、ディープラーニングによる画像認識モデルを、指定された目標性能でプロセッサに実装する研修をQumicoを活用して実施する。また、スキルの習熟度を高めるために、開発体験などの高度な研修も順次提供していく。

 育成プログラムの概要は次表のとおり。パソナテックは、本プログラムを通じてAI・IoT分野で活躍するエンジニアの育成を行うとともに、ミドル・シニア層のエンジニアのスキルシフトやキャリアチェンジを支援していくと述べている。

開始日 2018年8月21日(火) 対象者 C言語を習熟す……(中略)…… 13; 組み込み機器上での動作確認 など 関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
2019年9月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、技術系(IT・通信)の求人は引き続き10倍超え―パーソルキャリア

 2019年9月の転職求人倍率は、前月比0.10ポイント減の2.69倍で、求人数は前月比100.2% …

資格・スクール
プログラミングやデータサイエンスの問題を出しスキルを見極めて求職者にオファーできる「athletics」を提供開始―ギブリー

 同社は、2016年より展開しているプログラミングスキルチェックツール「track」を通じて、エンジ …

資格・スクール
リファラル採用に関するアンケートを実施、30%がすでに導入済みも成果は少しずつ―MyRefer

 同調査は22~59歳の人事417名(男性191名、女性226名)を対象として、9月20日~9月30 …