ボーンデジタル、基礎知識や理論がわかる『ゲームを動かす技術と発想R』刊行

学習・教育

ボーンデジタルは9日、ゲーム開発に必要な基礎知識を1冊にまとめた書籍『ゲームを動かす技術と発想R』の刊行を明らかにした。

ゲームが実行されている間、どのようなことがゲーム機の中で行われているか、アニメーションや3Dとはどのようなものなのか、難解な数学や物理の理論を分かりやすい解説とイラストで紹介している。

プログラマーだけでなく、ゲームデザイナーやアーティストにも必読の内容となっている。価格は2700円(税別)。

関連URL

書籍紹介ページ

Amazon

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

……(中略)…… target="_blank" rel="noopener noreferrer">Amazon

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
光文書院、テストの採点集計を45%削減できるシステムを無償提供

光文書院は16日、小学校のテスト採点作業を大幅に削減するデジタル採点支援ソリューション「EdLogク …

学習・教育
【中学受験2020】大阪府私立中学校出願状況(1/15時点)大阪星光3.93倍

 大阪私立中学校高等学校連合会は2020年1月16日、2020年度大阪私立中学校入試の外部応募状況を …

学習・教育
花まるラボ、「立体図形」学習に特化した中学受験向け学習アプリを配信開始

花まるラボは16日、中学入試算数向けアプリ教材シリーズの第2弾「究極の立体〈展開〉」の配信をスタート …