プロダクト開発と人材育成を同時に支援する「開発×プロダクトオーナー育成プラン」提供開始―Odd-e Japan

資格・スクール

 Odd-e Japanは、デジタルサービスの創発に取り組む企業が抱える開発リソースの不足とプロダクトオーナーの育成という課題に向け、12月20日より、プロダクト開発と人材育成を同時に支援する「開発×プロダクトオーナー育成プラン」を提供開始した。

 「開発×プロダクトオーナー育成プラン」は、スクラム(Scrum)導入の如何にかかわらず、製品開発に携わる企業の中で、主要プロダクト開発に人手が割かれ、新しい製品やサービス、ビジネスモデルの推進が停滞してしまう中小企業や、事業責任者の育成に課題を抱えているベンチャー企業を対象にしている。

 同プランでは、事業者側の育成対象者、「Scrum Alliance」認定資格を持つOdd-e Japanのプロダクトオーナー(Certified Scrum Product Owner:CSPO)と、スクラムに精通した開発チームでプロジェクトチームを作成し、実際のプロダクト開発の過程で実践的な育成を行いつつ、プロジェクト進行を実現する。

 プロジェクトの企画・立案段階からOdd-e Japanのプロダクトオーナーがサポート。そのサポートの下でプロダクトの内容や開発の優先順位を決めた後に、実際の開発を始める。この体制によって、自社の開発リソースを調整することなく、プロジェクトをすばやく進……(中略)…… リソースを調整することなく、プロジェクトをすばやく進められると同時に、事業責任者の育成を推進できる。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
ポートフォリオ自動生成サービス「LAPRAS」、「Doorkeeper」からの情報取得に対応

本記事は、CodeZineニュースからの転載です(元記事)。  「LAPRAS」は、「 …

資格・スクール
候と侯の違いとは?似た漢字を間違いなく覚える方法

<!– –> 候と侯・専と博の違いなど……間違いやすい漢字に要注 …

資格・スクール
2021年卒の新卒採用における企業の方針を調査、早期の内定出しが増える見込み―ディスコ

 現行の日程ルールは5年目を迎える今年、夏に東京オリンピックを控えての動きや、20卒採用の選考終了状 …