プロジェクトをとにかく進める、そのためにメンバーに認めない“甘え”とは――ビービット 那珂将人氏《後編》

資格・スクール

前編はこちらから。

どれだけやろうがアウトプットがなければ評価はゼロ

プロジェクトの序盤戦は、マクロな戦略絵図を実行することも大切ですが、あいまいさが時に致命傷になりうる局面でもあり、一見小さなこと、ミクロなマネジメントも重要です。

エンジニアやデザイナーなどのメンバー、はたまたプロジェクトオーナーや他部門の協力者に、「技術や知識」といったハード面、「動機や意欲」といったソフト面、「使える時間」といった現実面、これらの人的リソースを割いてもらうことは不可欠です。

ミスや怒りを誘引すると、連鎖的にこれらのリソースは減ってしまいますが、優れたプロジェクトマネージャーは関係者を巻き込み、導き、逆にこれらを次々と増やしていく。そうした状況を生むことに長けていることが多いものです。

次は、関係者にプロジェクトにプラスとなる「知識」「意欲」「時間」を増やしてもらうため、常日頃のマネジメントの中で意識し、実行している施策についてお伺いしました。

――次は、開発組織についてお伺いしたいと思います。スクラムなど、特定の方式を取り入れていらっしゃいま……(中略)…… 決したいのかということ。そのために私は、それを解決したら何につながるかを説明するようにしています。

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
LEGO(R)を使った国際的ロボット競技大会、開催迫る

中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田 哲次)運営するロボット製作×プログラミング×STEM教 …

資格・スクール
ポイントはおもてなし?! なぜ“メスライオン”は欲しいと思うエンジニアを次々に採用できるのか――ネオキャリア 宇田川奈津紀氏

社内エンジニアとの信頼関係がベースになる  今はとにかくエンジニア採用が …

資格・スクール
マネジャーの「育てる力」をいかに育てるか――知るべき2つのポイントと力がつくワークショップの手順

マネジャーの役目は「人を育てる」こと  マネジャーの仕事にはいろいろなも …