プログラミング可能、歩行型STEM教育ロボット「Marty the Robot」

学習・教育
 プラススタイルは2018年10月25日、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「ショッピング」において、STEM教育ロボット「Marty the Robot(マーティ ザ ロボット)」の販売を開始した。

 「+Style」は、消費者と一緒にものづくりができるプラットフォーム。企業とユーザーが商品化に向けて一緒に企画を進めることができる「プランニング」と、一般販売前の商品などを先行や数量限定で販売したり、商品に対する購入者からの意見を集めたりできる「ショッピング」の2つの機能を持つ。

 今回、ショッピングにて発売された「Marty the Robot」は、自分で組み立てられ、プログラミングも可能な歩行型STEM教育ロボット。スマートフォンやタブレット、PCで操作が可能で、歩かせたり、躍らせたり、ボールを蹴らせたりと多様な動きをさせることができる。アメリカやイギリスの一部学校では、教育プログラムとして採用されている。

 推奨年齢は10歳以上。子ども向けプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」を用いることで子どものプログラミングの勉強のきっかけとすることができるほか、PythonやC++、Javascriptなどのより高度なプログラミング言語も利用可能で、初心者から経験者まで幅……(中略)…… 万4,560円(税込)。メーカー「Robotical」の公式サイトでは、さまざまなサポートを提供している。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
東急とIT企業ら6者、渋谷区のプログラミング授業を支援

 東急とサイバーエージェント、ディー・エヌ・エー、GMOインターネット、ミクシィ、渋谷区教育委員会の …

学習・教育
アディッシュ、従業員の危機対策「企業向けSNSマナー講座」を期間限定で提供

アディッシュは「企業向けSNS(ソーシャルメディア)マナー講座」を4月から6月の期間限定で提供する。 …

学習・教育
【夏休み2020】JTB「自分でつくる留学」中高生12コース

 JTBガイアレックは2020年2月21日、「2020年夏休み 中学生・高校生 “自分でつくる”留学 …