プログラミングやロボットの作品発表に挑戦…六本木9/23

学習・教育
 Go Visionsは2019年9月23日、子どもたちが自分で作ったプログラミングやロボットを発表できるイベント「Go SOZO Tokyo 2019」を六本木のココネオフィスにて開催する。料金は一般来場が無料、発表参加が5,000円。

 「Go SOZO」は、子どもたちが可能性を広げ、自信を持てる場として、未就学児から中学生までの子どもたちが自分で作ったプログラミングやロボットを発表できるイベント。子どもも保護者も楽しめるワークショップも複数用意している。35以上のプログラミング教室・事業者の参画、10のワークショップ開催者が協力し、当日はのべ800名を超える来場を見込んでいるという。

 作品発表に参加する場合、パワーポイントやGoogleスライドを用いて、作った作品を3分でプレゼンする「プレゼン発表」と、作った作品をテーブルに設置し、来場者へ直接実演して説明できる「ブース発表」の2種類から発表方法が選択できる。プレゼン発表ではプロのエンジニアやゲームプロデューサー、ブース発表では来場者からのフィードバックがもらえる。詳細は、Peatixにて確認できる。

 ワークショップでは、ロボチューバーとのロボット寸劇やプロジェクションマッピングの作成体験、マーケティングのボードゲームなどを用意。このほか、スペシャルコンテンツとして、中学生起業家やロボット世界……(中略)…… られる参加費:プレゼン発表・ブース発表ともに5,000円/1枠申込方法:Peatixにてチケットを購入する

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
スポーツ教室・忍者ナイン、小学生向け新コース

 やる気スイッチグループの幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」は、小学生向けにスポーツ種目別の …

学習・教育
プログラミング教育ロボット「こくり」、特別支援学級で実証実験

日販テクシード(NT)は、同社が独自開発したタブレット一体型のプログラミング教育向けロボット「こくり …

学習・教育
「女子学生のためのテクノフェスタ」名工大11/9

 女子中高生を対象にした「女子学生のためのテクノフェスタ」が2019年11月9日、名古屋工業大学で開 …