プログラミングやデータサイエンスの問題を出しスキルを見極めて求職者にオファーできる「athletics」を提供開始―ギブリー

資格・スクール

 同社は、2016年より展開しているプログラミングスキルチェックツール「track」を通じて、エンジニアの10万受験以上のスキル評価データを保有している。今回リリースを開始した「athletics」は、このtrackで蓄積されたエンジニアスキル評価データと、これまでに培ってきたエンジニア候補者体験フロー設計のノウハウを集約して開発した。

 athleticsには、次の3つの特徴があるという。

実践的なプログラミングチャレンジを通じたスキル判定 athleticsに登録した求職者はサービス上で出題される公式のプログラミングチャレンジに挑戦でき、解答を提出することでスキル判定を受けられる。登録企業はこれらのスキル判定の結果や、解答のソースコードデータ、ランキングなどの情報をもとに、候補者に直接オファーを送ることができる。 企業独自のチャレンジ(問題)でブランディングおよびタレントプール作成 企業は自社独自のプログラミングチャレンジやデータサイエンスチャレンジを作成し、公開できる。オリジナリティの高いチャレンジを公開することで、候補者のタレントプールを作成できる。 スキルに見合った候補者に企業がオファーを送る(2020年より提供開始) 企業は履歴書に記載される学歴や年齢などの……(中略)…… を「走り続けるアスリート」として賞賛し、陸上競技をモチーフにしたビジュアルイメージ設計をしている。

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
2019年10月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、技術系(IT・通信)の求人はやや落ち着く―パーソルキャリア

 2019年10月の転職求人倍率は、前月比0.17ポイント減の2.52倍で、求人数は前月比100.6 …

資格・スクール
探究×AIを軸にした“遊ぶ時間を増やすための塾”を学童保育のCFAKidsと探究学習のa.schoolが共同で開校

特定非営利活動法人Chance For All(本部:東京都足立区、代表理事:中山 勇魚、以下 CF …

資格・スクール
採用管理ツール「Jobギア採用管理」に応募者がLINEで通知を受けられる機能を追加―アイデム

 追加した機能は、LINEが提供するAPI「LINE Notify」を利用したもの。「Jobギア採用 …