プロキッズ、プログラミング作品の登録共有サイト「paddle」無料公開

学習・教育
 子ども向けプログラミングを手がけるプロキッズは、プログラミング作品を登録・共有できるサイト「paddle(パドル)」を無料公開した。「Maker Faire Tokyo 2018」のmicro:bit(マイクロビット)作品コンテストともコラボし、paddleを通じて作品の応募を受け付ける。

 2020年の小学校でのプログラミング必修化に先立ち、近年子どもたちがプログラミングに触れる機会が急速に増えている。プロキッズは、プログラミングに取り組んでいる子どもたち同士が自分の作品を披露しあい、次の作品のヒントを得られるような場を作ることで、やりがいと楽しさを感じながらプログラミングを続けていくための受け皿になることを目的に「paddle」を開発した。

 「paddle」は、Scratch(スクラッチ)やmicro:bit(マイクロビット)といった電子工作やWebサイトなど、プログラミングした作品を誰でも無料で登録・共有できるサービス。自身がプログラミングした作品を記録として簡単に残しコレクションとして増やしていけるほか、ほかのユーザーが登録したプログラミング作品をすべて無料で閲覧することが可能。プログラミング作品にリンクが貼られている場合は直接プログラミング作品で遊ぶこともできる。

 また、プロキッズ、スイッチエデュケーション、オライリー・ジャパンの3社共同……(中略)…… Tokyo 2018にて授賞式、作品展示を予定(2018年8月4日(土)・5日(日)東京ビッグサイト開催)

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
教育機関向けインタラクティブ動画パッケージ「TouchSpot for School」を提供

タッチスポットは17日、同社のインタラクティブ動画「TouchSpot」の教育機関向けパッケージ「T …

学習・教育
Libry、ICT活用で教員の働き方改革を求める「政策提言」キャンペーン開始

Libry(リブリー)は17日、「教員の働き方改革のためのICT活用」を求める政策提言キャンペーンを …

学習・教育
ソフトバンク、ロボットプログラミング教育の成果発表会

 ソフトバンクグループとソフトバンクロボティクスは、「Pepper 社会貢献プログラム」に参加する全 …