プランド・ハプンスタンス・セオリーで迷える部下のモチベーションを高めよう

資格・スクール
プランド・ハプンスタンス・セオリーとは

 「プランド・ハプンスタンス・セオリー(計画された偶発性理論)」とは、偶然の出来事や出会いをキャリアアップにつながる機会と捉える理論で、スタンフォード大学のジョン・F・クランボルツ博士が1999年に発表しました。博士がビジネスパーソンを対象にキャリア分析を行ったところ、本人が予期しない偶然によってキャリアが構築されている人が8割いたことから、従来の数年後を見据えて計画的にキャリアを構築するのとは対照的な手法として提唱されています。

 プランド・ハプンスタンス・セオリーが説くのは、どのような姿勢で取り組むと目の前の仕事が“やってよかった”と思える「偶然の出来事(ハプンスタンス)」になるのかです。やってよかったと思うためのスキルは、特別なものではありません。誰もが持っています。部下が思うように成長しない、学ぼうとしない、仕事に興味を持とうとしないと感じている場合、その部下にプランド・ハプンスタンス・セオリーが説くスキルを自覚させてあげることで、意識や姿勢が変わってくることでしょう。

 プランド・ハプンスタンス・セオリーが説くスキルには、次の5つがあります。

好奇心……興味を持つ 持続性……簡単にあきらめない 柔……(中略)…… 部下の好奇心が向いている先を見つけてあげましょう。すると、仕事に対する姿勢が少しずつ変わってくることでしょう。

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
2019年10月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、技術系(IT・通信)の求人はやや落ち着く―パーソルキャリア

 2019年10月の転職求人倍率は、前月比0.17ポイント減の2.52倍で、求人数は前月比100.6 …

資格・スクール
探究×AIを軸にした“遊ぶ時間を増やすための塾”を学童保育のCFAKidsと探究学習のa.schoolが共同で開校

特定非営利活動法人Chance For All(本部:東京都足立区、代表理事:中山 勇魚、以下 CF …

資格・スクール
採用管理ツール「Jobギア採用管理」に応募者がLINEで通知を受けられる機能を追加―アイデム

 追加した機能は、LINEが提供するAPI「LINE Notify」を利用したもの。「Jobギア採用 …