ブロックチェーン技術を用いた副業支援アプリケーションの実証実験を実施、勤務時間の不正やミスの防止に効果―パーソルキャリア

資格・スクール

 パーソルキャリアは、日本情報通信、テックビューロとともに、ブロックチェーン技術を用いた副業支援アプリケーションの実証実験を実施した。複数の企業間で1人の従業員の業務時間(主業時間・副業時間)を把握するという、副業の普及を困難にする課題の克服に向けた第一歩となる。

 企業が副業を制度化する場合、副業時間を主業時間と合算して残業代などを考える必要があるなど、社員の労務管理が大きな課題になる。副業先企業でも、主業時間と合算して給与や残業代を考えなければならない。一方、副業を行う個人にとっては、勤務時間の管理が大きな負担であった。

 今回行われた実証実験では、優れた耐改ざん性、ゼロダウンタイム、スマートコントラクトが特徴であるブロックチェーン技術を用いて、勤怠データを管理するアプリケーションを開発し、企業や個人の副業にまつわるさまざまな課題を検証している。

ブロックチェーンを利用した副業支援アプリケーションのイメージ(出典:プレスリリース)

 企業にとっては、副業先企業での就業状況が把握できないため、労働時間の管理が難しかったが、検証では副業先の労働時間実績データのブロックチェーンの、社内システムへの連携に成功し、副業先の労働時間管理が可能になった。また、報告ミスや虚偽報告による二重勤務の可能性については、トークンを使った……(中略)…… シグネチャによって雇用元と副業先の双方でデータを保護するため、不正を排除できることが明らかになった。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
ミラティブ新CHROが明かす! スタートアップ企業における「組織人事の罠」と事業成長に必要なその環境

組織人事の罠とは  第1部の鈴木氏による講演では伝えたい8つの「組織人事 …

資格・スクール
RPAのシナリオ開発は56%が利用部門で実施、76%が「人材育成が難しい」と回答―ヒューマンリソシア

 同調査は2019年8月6日~12月17日に、同社のRPAシナリオ作成技術者養成研修に参加した法人担 …

資格・スクール
多様性の高いチームは業務・人間関係ともに良好という一方、心身の疲れも―リクルートマネジメントソリューションズ

 同調査では、日本企業のチームにおける多様性経験の実態を明らかにしつつ、多様性のあるチームをうまくマ …