フィリピンの拠点を利用し課題分析からクライアントと共同で開発を進める新サービスを発表―LIG

資格・スクール

 LIGは2015年、フィリピン・セブ島に自社の開発拠点(セブ支店)を設置。以来、日本・フィリピン2拠点での開発について4年間培ってきたノウハウを持つ。セブには現地採用したエンジニアだけでなく、日本人のディレクターも働いており、コミュニケーションも取りやすい環境にあるという。

 「BiTT開発」(BiTTは「Build Team Together」の略)はこの環境を活用して提供する。セブ支店がクライアントとチームを組み、開発を進めていく。エンジニアをチーム単位、人月単位で貸し出すLABO型開発に近いが、BiTT開発では、日本にいるLIG社員もプロジェクトに参加し、課題分析、要件定義、デザインから開発・保守運用まで一貫してサポートする。

BiTT開発とLABO型開発との違い

 LIGのプロジェクトマネージャー、ディレクターがクライアントのもとへ適宜訪問し(場合により常駐)、要件定義・仕様策定などを行い、セブの開発チームと連携しながらプロジェクトを進めていく。セブ支社とのコミュニケーションは英語で行うが、英語力に自信がない場合、LIGのメンバーがその支援も行う。

BiTT開発の体制

 LIGの日本本社とセブ支店で行う業務はそれぞれ次のとおり。

日本本社 ヒアリング(課題の抽出・要件定義、プランニング) &#……(中略)…… > BiTT開発にかかる費用。この費用の中には年次ボーナス、管理費、オフィス代、販管費などの費用も含まれている関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
多様性の高いチームは業務・人間関係ともに良好という一方、心身の疲れも―リクルートマネジメントソリューションズ

 同調査では、日本企業のチームにおける多様性経験の実態を明らかにしつつ、多様性のあるチームをうまくマ …

資格・スクール
第1回「アルゴリズム実技検定」の実施結果を発表、エキスパート認定者は全体の14%―AtCoder

 同検定は「アルゴリズムをデザインし、コーディングする能力」、つまり1からプログラムを作成する能力を …

資格・スクール
エンジニアが幸せに働ける組織体制、壁を壊すための方法論とリーダーシップとは

スピーカー ●サイボウズ株式会社 代表取締役社長 青野慶久 …