フィリピンからITエンジニアを紹介、独自の「トライアウト」でミスマッチを防止―WORK IN TOKYO

資格・スクール

 フィリピンは第2言語が英語で、公共の場では常に英語が使用されているため、英語でのコミュニケーションがスムーズに行えることから、近年は欧米企業からの開発依頼も増えており、優秀なITエンジニアが育ちやすい環境が生まれているという。

 また、日本国内でもIT業界では社内の公用語が日本語に固定されていないなど、グローバル化が進んでいる企業も多いことから、フィリピンのエンジニアも環境に馴染みやすい。

 WORK IN TOKYOでは採用企業と求職者とのミスマッチを防ぐために、独自のお試し雇用システム「トライアウト」をオプションとして提供する。トライアウトの大まかな流れは以下の通り。

企業からJob Description(募集ポジション、必要スキル、得られる経験や年収、福利厚生など)をヒアリング 現地のITエンジニアの中から、企業の条件に合う候補者を選定 企業と候補者のオンライン面接を実施 お互いが合意に至れば、トライアウトを実施

 なお、トライアウトの実施に必要な、フィリピン海外雇用局の諸手続きや来日のための査証取得といった手続きはWORK IN TOKYOがサポートし、航空券や宿……(中略)…… 空券や宿泊所の手配もパッケージサービスとして提供する。トライアウトの期間は1~2週間を確保している。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
マネジメントしなくて済む人を採用すればマネジメントはいらない

リクルートでは「おまえはどう思うんだ」とだけ聞けばよかった  古巣の現職 …

資格・スクール
情報・通信業界の「仕事にやりがいを感じる企業ランキング」を発表、ブランド力の高い外資系がトップ3に―グローバルウェイ

 このランキングでは、情報・通信業界に属する企業をピックアップし、キャリコネのユーザーによる「仕事の …

資格・スクール
社労士試験の勉強スケジュール!合格するための学習時間とは

<!– –> <目次>   社労士試験の勉強はいつ頃から始めれば …