ビスケットプログラミングコンテスト、応募は1/31まで

学習・教育
 デジタルポケットは、「ビスケットプログラミングコンテスト2019冬」を開催する。テーマは「シングルタッチ」。画面を1回タッチするだけの作品を募集している。応募期間は2019年1月7日から1月31日まで。応募はWebサイトにて受け付けている。

 ビスケットは、アニメーションやゲーム、絵本などを簡単に作ることができるプログラミング言語。使いこなすために難しいことを覚える必要はなく、誰でもプログラミングの楽しさと可能性を感じることができるという。

 2回目となる「ビスケットプログラミングコンテスト2019冬」のテーマは、画面を1回タッチするだけの「シングルタッチ」。お笑いやアート、こんな発想があったのかと感心させるものなど、見ている人の感情を動かす作品を募集している。「いろいろな場所を触ったり、触る場所やタイミングが違うと動きが変わる」といったゲームのような作品は失格となる。Webサイトでは参考となるシングルタッチ作品も紹介している。

 子どもから大人まで、誰でも応募できる。応募期間は2019年1月7日から1月31日まで。応募には作者登録が必要。作者登録と応募はWebサイトより受け付けており、1人で複数の作品応募も可能。

 応募作品はアプリ化され、一般ユーザーも含めて審査が行われる予定。なお、応募作品の著作権は製作者に帰属し、入選作品の利用はデジ……(中略)…… け付けている入選作品発表・アプリリリース:2019年2月中旬予定各賞発表:アプリリリース後1か月程度で発表

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【小学校受験】文教大付属小など、私立小学校でアフタースクール続々展開

 文部科学省「学校基本調査」によると、1990年から2016年の小学生の数は937万人から639万人 …

学習・教育
キャスタリア、学ぶことを学ぶウェブメディア「まなびとき」をオープン

キャスタリアは12日、ビジネスや哲学などさまざまな観点から「学び」を考えるオウンドメディア「まなびと …

学習・教育
VR教材で患者体験をしよう〜仮想現実でICTを活用した看護師育成講義〜

【寄稿】旭川大学 保健福祉学部看護学科 宮崎剛司 本単元を指導するに当たって、看護師の育成に仮想現実 …