ヒューマンリソシア、ロシアの大学で日本語教育とIT分野での来日就業支援

学習・教育

ヒューマンリソシアは4日、同社とTalentExおよびロシアのアストラハン国立大学との3者間で、日本で活躍できるITエンジニアの育成を共同で推進していくための覚書を締結したと明らかにした。

アストラハン国立大学でITを専攻する学生に対して、同社とTalentExが日本語教育を支援する。ヒューマングループの日本語教育メソッドを活用することで、短期間に日本企業で働くために必要な日本語コミュニケーション力の向上を図る。卒業後は、同社が正社員として採用し、国内企業のプロジェクトに派遣することで、ITエンジニアとしての日本での活躍をサポートしていく。

同社では、今回の覚書締結によって世界屈指のエンジニア輩出国であるロシアからの人材採用を強化し、日本のIT人材不足解消に寄与したいとしている。

関連URL

ヒューマンリソシア

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

……(中略)…… href="https://resocia.jp" target="_blank">ヒューマンリソシア

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【本のプレゼント】ディズニー はじめてよむ プログラミングの本

KADOKAWAの提供で、プログラミング知育本『ディズニー はじめてよむ プログラミングの本』を、読 …

学習・教育
システムフォレスト、「農大・農高連携によるスマート農業実証」業務を受注

システムフォレストは12日、「農大・農高連携によるスマート農業実証」の業務を7月25日に受注したと発 …

学習・教育
高校生の就活、60%が「自分に合った会社が見つかるか」不安 =ジンジブ調べ =

高校生の就職支援と採用支援を行うジンジブは12日、合同企業説明会「ジョブドラフトFes」に来た高校生 …