パナソニックIS、吉川市教委の仮想デスクトップソリューション導入事例公開

学習・教育

パナソニックインフォメーションシステムズは29日、埼玉県吉川市教育委員会への仮想デスクトップソリューション導入事例を公開した。

システム構成図

吉川市では、教育の充実に向けた取り組みとして、市内の小中学校に勤務する教職員の環境整備を実施。

従来のローカルPCによる校務は、老朽化によるパフォーマンス低下と情報漏洩リスクの課題があったため、シンクライアントシステムを導入した。

その結果、USB型シンクライアントキーを用いて既存のローカルPCをシンクライアント化。端末の調達費を抑えられた上、パフォーマンスが上がり業務負担も軽減。

また、文部科学省のガイドラインにのっとり、扱う情報の重要度に応じて業務エリアを3つに分離。1台の端末で全て利用できるようにしたことで、効率性を下げずに情報漏洩リスクを大幅に低減できたという。

パナソニックインフォメーションシステムズは、パナソニックグループのIT中核会社として、グローバルな事業展開を多様な業務システムで支援。また、経験とノウハウを強みに、IT事業会社としてパナソニックグループ以外の客に対してもトータルソリューションを提供している。

関連URL

吉川市教育委員会の導入事例

吉川市教育委員会の導入事例

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【中学受験2020】四谷大塚、小6対象の主要難関中「学校別判定テスト」

 四谷大塚は2019年9月から12月にかけて、小学6年生を対象とした「学校別判定テスト」を実施する。 …

学習・教育
授業支援システム「schoolTakt」と授業記録・共有サービス「BANSHOT」が提携

コードタクトは19日、同社の授業支援システム「schoolTakt」が、イーキューブが提供する授業記 …

学習・教育
LINE、プログラミング教材や出前授業を無料提供

 LINEは2019年秋より、プログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」を始動し、プ …