バイリンガルが得意とする英語対応、1位は「メール」- 苦手な場面は?

学習・教育

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは8月8日、「仕事での英語ニーズ」に関するアンケート調査の結果を発表した。同調査は日本語・英語の2言語と専門分野でのスキル・経験を用いて働くグローバル人材212名を対象に実施したもの。調査期間は7月31日から8月4日まで。

「仕事で英語を使う場面」

まず、「過去1年で仕事で英語を使ったシーン」について聞いたところ、1位は「メール」(87.7%)、2位は「資料作成」(75.5%)、3位は「電話・電話会議」(75.0%)だった。また、33.0%が「海外勤務(赴任・出張)」と回答していることから、バイリンガル人材の3人に1人が、過去1年以内に海外出張・赴任を経験していることもわかった。

「英語対応で得意な場面・難しい場面」

続いて、英語対応で「得意」な場面を教えてもらったところ、「メール」(34%)がトップに。次いで「資料作成」(13.1%)、「プレゼン・スピーチ」(12.6%)だった。一方、「難しい・苦手」だと感じている場面では、「交渉・説得」(35.6%)、「電話・電話会議」(29.8%)、「プレゼン・スピーチ」(16.3%)が上位に並んだ。

記事の全文を見る⇒(マイナビニュース)

……(中略)…… 「電話・電話会議」(29.8%)、「プレゼン・スピーチ」(16.3%)が上位に並んだ。

記事の全文を見る⇒(マイナビニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
中学受験で理社の成績が伸びる子の共通点とは

<!– –> 中学受験で理社の成績が伸びる子の共通点とは 高校受 …

学習・教育
学生国際ロボコン…ARC部門で日本が銀メダル、4チーム入賞

 学生国際ロボットコンテスト「WRO2019ハンガリー国際大会」のARC部門で、チーム「KAIT S …

学習・教育
AI視覚支援デバイス「OrCam MyReader」豊島区の図書館で試験導入

OrCam Technologiesは11日、同社のAI搭載ウェアラブル視覚支援デバイス「OrCam …