トヨタモビリティ基金、下肢麻痺者向け補装具開発コンテスト最終候補に筑波大など5チーム

学習・教育
トヨタ・モビリティ基金(TMF)は1月7日、下肢麻痺者向けの補装具開発コンテスト「モビリティ・アンリミテッド・チャレンジ」にて、製品化を目指す最終候補として5チームを選定した。

モビリティ・アンリミテッド・チャレンジは、下肢麻痺者の自立した生活の支援と移動の自由に貢献する革新的な補装具に関するアイデア発掘と開発支援を目的とした活動。TMFは2017年11月より、英国国立科学技術芸術基金(Nesta)と共にこの活動を実施している。

モビリティ・アンリミテッド・チャレンジには、世界28か国、80チームから下肢麻痺者の生活を改善する画期的なアイデアが寄せられ、山海嘉之博士(サイバーダインCEO)、エリック・クロトコフ氏(Toyota Research Institute, COO)や、マシュー・リーヴ氏(クリストファー&ダナ・リーヴ財団副会長)といった下肢麻痺に関する医療や福祉、またロボティクスの専門家11名が審査員として選考に参加した。

その結果、「利用者の起立・着座を可能にし、立位状態で走行できる電動式車椅子」(筑波大学 チームQolo:日本)、「手動車椅子に装着可能な、操縦アプリと連動した電動化ユニット」(イタルデザイン:伊)、「重心を安定させることで、不快な振動を減らした超軽量セルフバランス車椅子」(Phoenix Instinct:英)、「迅速、安定……(中略)…… を授与する。

下肢麻痺者向け補装具開発コンテストの最終候補5チームを発表 トヨタモビリティ基金

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【小学校受験】文教大付属小など、私立小学校でアフタースクール続々展開

 文部科学省「学校基本調査」によると、1990年から2016年の小学生の数は937万人から639万人 …

学習・教育
キャスタリア、学ぶことを学ぶウェブメディア「まなびとき」をオープン

キャスタリアは12日、ビジネスや哲学などさまざまな観点から「学び」を考えるオウンドメディア「まなびと …

学習・教育
VR教材で患者体験をしよう〜仮想現実でICTを活用した看護師育成講義〜

【寄稿】旭川大学 保健福祉学部看護学科 宮崎剛司 本単元を指導するに当たって、看護師の育成に仮想現実 …