データサイエンティスト育成のために企業が取り組むべきことと評価の考え方

資格・スクール

本記事の第1回はこちらから、第2回はこちらから。

企業として取り組むべきこと

 現代においては、多くの方がプライベートなり仕事なりで自由に使えるパソコンをお持ちかと思います。データサイエンスに関する知識は書籍やインターネットから得られますし、データ分析を行うためのソフトウェアも、安価もしくは無償で手に入れられます。

 例えば、Microsoft Excelの分析アドイン機能を利用することで、重回帰やロジスティック回帰などを行うことができます。また、RやPythonといったプログラミング言語を勉強すれば、より本格的な環境でデータ分析を実践できます。RやPythonとそのデータ分析用ライブラリはたいてい無償です。

 このような時代ですから、「自分で勉強できる人材がデータサイエンティストとして最も成長性するタイプ」というのが私の持論です。私が人事部でデータサイエンティストの採用に関わっていたときも、文系の学生が独学で機械学習を習得し、求人に応募してきたことがありました。

 そもそもサイエンティストとは「科学者」であり、データサイエンティストとはデータに基づいて「科学する」ことが仕事です。そして科学者とは、企業などが一から十まで手取り足取り教育して育てるものではない、ということは理解に難しくな……(中略)…… /p>

 さらに、自社のシステム部門で対応可能か、ITベンダーを頼るべきかの判断も企業には求められます。

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
「DeToNator」がeスポーツの教育事業に本格参入高等部にて初開講する専攻で世界トップ選手育成へ

 株式会社バンタン(本部:東京都渋谷区 代表取締役会長:石川広己)が運営する総合エンターテイメントス …

資格・スクール
SNSを使った募集サービス「bosyu」に複数人で運用・管理可能な「チームプラン」を追加―キャスター

 「bosyu」は、TwitterやFacebookのつながりを活用して、仕事と個人が出会うためのコ …

資格・スクール
AIプログラミング家庭教師「Aidemy Premium Plan」がリニューアル、学習期間やサポート体制を拡充―アイデミー

 「Aidemy Premium Plan」は、わからない箇所をメンターやチューターに質問でき、その …