ディープラーニング技能認定試験「E資格(エンジニア資格)」を9月29日実施と発表―日本ディープラーニング協会

資格・スクール

 一般社団法人日本ディープラーニング協会は、同協会が運営するディープラーニング技能に関するエンジニア向け資格「E資格(エンジニア資格)」の認定試験を、9月29日(土)に実施することを明らかにした。受験にはJDLA認定プログラムの修了が条件となっているが、そのプログラム3つも併せて発表された。

 日本ディープラーニング協会は、ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指す団体で、東京大学大学院工学系研究科 特任准教授の松尾 豊氏が理事長を務める。今年1月に一般向けの「G検定(ジェネラリスト検定)」が実施されていたが(第2回は6月16日(土)に実施)、エンジニア向けのE資格はその実施が待たれていた。

 第1回E資格の概要は次表のとおり。受験申し込みは8月から。

名称 JDLA Deep Learning for ENGINEER 2018 概要 ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定する 受験資格 JDLA認定プログラムを修了していること 試験概要 会場試験(東京・大阪を予定) �……(中略)…… s/" target="_blank">JDLA認定プログラム一覧ページにて公開されている。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
海外で働くビジネスパーソン向けリカレント教育の支援

 あらゆる年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供する株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東 …

資格・スクール
宅建合格後の手続きは?受験開始から合格後までの年間スケジュール

宅建士になるためには多くの事務手続きが…… 宅地建物取引士になるためには、多くの事務手続きが必要。1 …