ディープラーニングの基本的な知識を測る「G検定」とは? 注目集める試験の実施背景と概要を紹介

資格・スクール
本記事は『深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト』から一部を抜粋し、掲載にあたって編集したものです。なお、内容は2018年9月現在のものです。受験をする際には必ず最新情報の確認をお願いします。はじめに

 汎用技術(General-Purpose Technology)と呼ばれる概念がある。発明や発見が世界全体の経済に影響を与える可能性のある技術のことである。電気、内燃機関、コンピュータ、インターネットなど、古くは農耕や鉄などが該当し、社会を劇的に変化させる可能性を秘めている。

 ディープラーニングも、間違いなく、こうした汎用技術のひとつである。端的に言うと、「深い関数のパラメータをデータから推定できるようになった」ということであるが、それが画像認識や音声認識をはじめさまざまな領域で大きなイノベーションを生みつつある。また、このことが人間(あるいは動物)の知能の根本原理として使われていることもまず間違いない。 ディープラーニングの元になる考え方は、古くから研究されていたものであり、日本でも、甘利俊一先生や福島邦彦先生などが1960年代、1970年代からこの領域を切り開いてきた。しかし、それが現実に可能になったのは、今日、データが増え、そして計算機の性能が向上したからである。

 ディープラーニングが、……(中略)…… 新事情も踏まえ学ぶことができる。 4)最新情報は翔泳社のサイトからダウンロード。

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
IoTプラットフォーム『obniz』がアーテック社のロボットプログラミング教材「ArtecRobo2.0」に採用

株式会社CambrianRobotics(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤 雄紀)が開発・ …

資格・スクール
【 ロボット検定開催 】

教育図書・教材の出版および各種教室やスクール運営を行う中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田 …

資格・スクール
マネージャーを廃し自律・分散・協調を目指すネットプロテクションズの人事制度「Natura」、評価や意思決定は?

マネージャーのいない組織 ――御社の新しい人事制度「Natura」につい …