デアゴスティーニとisaaxが提携、教材「本気で学ぶIoT」を発売

学習・教育

XSHELLは、デアゴスティーニ・ジャパンと提携して、XSHELLのIoTエンジニア養成キットを個人向けにカスタマイズした教材「本気で学ぶIoT」を、19日から販売開始した。

この教材は、毎月届く「モノ」とオンラインの「テキスト」を使って自宅で学習する。初月は、IoTでよく使われる小型コンピューター「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」とセンサーを使って、温度・気圧・光量など生活空間の環境情報を収集し可視化する。

2カ月目以降から徐々にセンサーとデバイスの種類が増え、本格的なIoTサービスの作り方が身に付けられるようになる。

XSHELLは、過去400人以上のエンジニア及び100人以上の専門学生に行ってきた勉強会のノウハウを元に、コンテンツを開発。

これら一部上場企業のエンジニアやSE、コンサルタントが受けているIoT教育の内容を、デアゴスティーニ・ジャパンと提携することで、個人にも提供できるようになった。

「本気で学ぶIoT」の概要

申込み期限:3月21日(先着100人まで)
開講時期:4月末
価格:デアゴスティーニ特別価格4万5000円+消費税 (1カ月あたり)

詳細・申込

関連URL

XSHELL

デアゴスティーニ・ジャパン

……(中略)…… https://deagostini.jp/" target="_blank">デアゴスティーニ・ジャパン

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
トランスジェンダー学生受入れ、奈良女子大も2020年度から

 奈良女子大学は、女性としての性自認を持つトランスジェンダー女性の受入れを表明した。学部学生は202 …

学習・教育
Googleの電子ホワイトボード“Jamboard”って何?

【PR】新しい学びの場、新しい学びを創る場に最適な電子ホワイトボード 「Googleから発売されてい …

学習・教育
未来を見据え「子どもたちの学び方改革」に挑む新渡戸文化中学校

 近代日本の偉人で、世界的ベストセラー「武士道」の著者としても知られる新渡戸稲造は、1928年に新渡 …