チエル、BYODに対応した英語4技能学習システム「CaLabo MX」をリリース

学習・教育

チエルは、BYOD環境に対応したMALLシステム「CaLabo MX」を、8月に全国の教育機関向けに発売する。


MALL(Mobile Assisted Language Learning)は、ノートPCやスマートフォンなど、可搬性のあるモバイル端末を利用した語学学習のこと。「CaLabo MX」は、教職員や学生が個人の端末を大学に持ち込んで教育学習に使用するBYOD(Bring Your Own Device)環境に最適なクラウド型で、英語4技能の学習を支援するコンテンツを多数搭載している。特に、これまで評価に手間がかかっていた「話す」「書く」について、自動採点機能により成績管理の負担の軽減を実現する。

また、クラウドでありながら、対面授業の支援機能も搭載しており、アクティブラーニング型の授業にも活用できる。さらに、対面授業でもスマートフォンを利用した個人学習でも、「CaLabo MX」上での学習履歴の一元管理が可能で、4技能別、学習者別、クラス全体の集約など、細かい単位で履歴を参照できる。

関連URL

CaLabo MX

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

……(中略)…… s/high-school/calabo-mx/" target="_blank">CaLabo MX

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
2024年度の都内公立中学生6.6%増…中央区45.1%増加

 東京都教育委員会は2019年9月19日、令和元年度(2019年度)教育人口等推計(速報値)の概要を …

学習・教育
大宮北高、タブレットや授業支援ソフトなどICTを活用した公開授業

さいたま市立大宮北高等学校は、「大宮北高校のICT ~一人一台タブレットで授業が変わる~」と題した授 …

学習・教育
公立小中学校の冷房設置率、東京・滋賀・香川は100%

 公立学校の冷房設置率は78.4%と、前年度より18.2ポイント増えていることが2019年9月19日 …