ダンボールロボットでプログラミング「embot」4,800円で一般発売

学習・教育
 イーフロは2018年9月13日、プログラミング教育用ダンボールロボット「e-Craftシリーズ embot(エムボット)」製品版の販売を開始した。価格は4,800円(税別)。embotの公式Webサイトにて購入できる。

 「embot」はダンボールを用いたロボットを自由に組み立て、専用基板とつなぐことで電子工作やものづくりの基礎を学ぶとともに、ロボットをタブレットやスマートフォン上でのビジュアルプログラミングを通じて子どもでも簡単に操作することができるプログラミング教育用ロボット。実践的でありながら誰でも手軽に楽しく学べるスターターキットを目指し、NTTドコモの新規事業創出プログラムである「39works」のプログラマーチームが主導して技術開発を行った。イーフローはembotのサービス提供・販売・運営を担う。

 製品版の開発には、2017年7月に実施した先行体験版の利用者の意見や要望を反映したという。ダンボールロボットの組み立てやすさを向上させ、より簡単に素早く完成させることができるように改善したほか、プログラミングを通じて動かすことができるパーツや箇所を増やした。また、子どもが1人でも学習を進められるようチュートリアル動画などの学習コンテンツを充実させ、プログラミングの学習状況をチェックしながら楽しくステップアップできるドリル形式の学習も追加されている。

……(中略)…… ・税別)販売先:embot公式Webサイトにて販売

◆プログラミング用教育ロボット「embot」

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
コンタクトレンズ…使用率は高校生27.5%、中学生8.7%

 日本眼科医会は2019年10月15日、「2018年度(平成30年度)学校現場でのコンタクトレンズ使 …

学習・教育
iTeachers TV Vol.205 玉川大学学術研究所 山田徹志 先生(前編)を公開

iTeachersとiTeachers Academyは16日、iTeachers TV Vol.2 …

学習・教育
小学生の宿題、保護者の3割以上「始める時間を決めさせる」

 子どもを宿題に取り組ませるため、3割以上の保護者が「始める時間を決めさせる」対応をとっていることが …