ソフトバンク、micro:bitを含むプログラミングキットを無償提供「IoTチャレンジ」開始

学習・教育
 ソフトバンクは2019年1月24日、次世代を担う子どもたちの育成を支援する「IoTチャレンジ」を開始すると発表した。「Pepper社会貢献プログラム」「Pepper社会貢献プログラム2」を実施している小中学校100校以上を対象に、4月から「micro:bit(マイクロビット)」や周辺機器、学習指導案などを無償提供する。東京・汐留では説明会が行われ、授業イメージなどが紹介された。次のテーマはIoT

 ソフトバンクでは、2017年4月から「Pepper社会貢献プログラム」をスタートし、Pepperや専用パソコン、Wi-Fiルーター、教材などを小中学校に無償提供してきた。その実施校はすでに600校を超え、授業も2万回を超えているという。今回の「IoTチャレンジ」は、こうしたロボットプログラミングの経験校に、その発展形としてIoTというテーマを加え、教育的意味をより深める狙いがある。2021年以降には、AIについても教育的に提供していく予定だ。

 ソフトバンク CSR統括部長の池田昌人氏は、「IoTが進むことであらゆる産業、生活が変わると言われていますし、我々もそのような未来を作ってまいりたいと思っています。IoTが、実際に私たちの生活のなかでどのように役に立っているのか、さらにどんな活用が考えられるのかについて、特に子どもや若い世代に理解を深めていただきたいと考えていま……(中略)…… 発表されていないが、どのようなアイデアが出てくるのか、子どもたちの溢れる創造性が育まれることを期待したい。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【大学受験2020】信州大学で採点ミス、新たに4人追加合格

 信州大学は2020年5月28日、2020年度一般入試(後期日程)における採点ミスがあり、4人を追加 …

学習・教育
2022年「情報Ⅰ」必履修化に向け Adobe XDを使ったプロジェクト学習「防災アプリを作ろう」指導案を高校に無償提供

【PR】学習指導要領の改訂により、2022年度から高等学校で学ぶ情報科目が変わり、「情報Ⅰ」が必履修 …

学習・教育
オンラインで完結「学生支援給付金申請システム」提供開始

 パイプドビッツは2020年5月28日、学校向けに開発した「学生支援給付金申請システム」を提供開始し …