ソニー、感動体験プログラムを拡大…実施団体・小学校募集

学習・教育
 ソニーは2019年4月15日、教育格差縮小に向けて2018年に開始した「感動体験プログラム」の展開を加速すると発表した。2019年度は小学校の放課後、子ども食堂、地方・離島の小学校など、約50か所でプログラムを実施する計画で、開催希望の団体や小学校も募集している。

 「感動体験プログラム」は、教育格差の解消に向けてソニーが2018年9月に開始した取組み。多くの子どもたちに多様な感動体験を提供するため、NPOなどの外部団体とのパートナーシップのもと、STEAM分野に関連したワークショップを実施してきた。

 2019年度は、初年度の3倍以上となる約50か所でプログラムを実施予定。放課後NPOアフタースクールと連携して、放課後の小学生向けにワークショップを開催するほか、日本財団と新たなにパートナーシップを締結。日本財団が貧困対策の一環として運営する子どものための「第三の居場所」でも「感動体験プログラム」を実施する。

 また、地域の子どもたちのサポート拠点として広がっている子ども食堂では、「感動体験プログラム」の開催場所を増やし、IoTプログラミングブロック「MESH」を使ったプログラミング体験ワークショップや科学実験ショーなどを行う。

 地方や離島の小学校の遠隔授業については、一般社団法人「プロフェッショナルをすべての学校に」の協力のもと、小規……(中略)…… )~募集対象:地方・離島の小規模の小学校実施回数:5か所応募方法:Webの応募フォームまたはFAXより応募

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
少子化に向けた学校教育モデル、11市区町村の事例を掲載

 文部科学省は2019年9月18日、2017年度「少子化・人口減少社会に対応した活力ある学校教育推進 …

学習・教育
日本IMS協会、教育DXテーマに「IMS Japan Conference 2019」東京・大阪で開催

日本IMS協会は、教育のデジタルトランスフォーメーション(DX)をテーマに、24日~26日に東京と大 …

学習・教育
全国統一中学生テスト11/4、学年に合わせた3部門で実施

 東進は2019年11月4日、中学1~3年生を対象とした「全国統一中学生テスト」を開催する。受験学年 …