セキュリティ技術競技大会「Trend Micro CTF 2018」、東京で決勝戦

学習・教育

トレンドマイクロは、セキュリティ技術の知識や実践力を競い合う競技大会「Trend Micro CTF 2018-Raimund Genes Cup」(Trend Micro CTF)」を、9月~12月にかけて開催する。

同大会は、2015年から開始し今年で4回目。20歳以上であれば世界中の誰でも参加できる競技大会で、サイバーセキュリティ人材の育成を目的としている。

サイバー犯罪、標的型サイバー攻撃、IoT、制御システム(ICS)など、近年サイバーセキュリティで特に重要な領域におけるスキルの開発、向上に貢献するイベントでもある。

今回は、インターネット上で実施される「オンライン予選」の後、東京で「決勝戦」を開催する。オンライン予選は、9月15日と16日に、様々な分野の問題を参加者が解くことで点数を競う「ジェパディ(Jeopardy)」形式で行う。

12月15日、16日に実施される決勝戦では、オンライン予選を通過した上位10チームが「アタック・アンド・ディフェンス」形式と「ジェパディ」形式の組み合わせで攻防戦を繰り広げる。

決勝戦の優勝チームには、賞金100万円とZero Day Initiative Rewards Program 1万5000ポイント、2位には30万円、3位には20万円が贈られる。

……(中略)…… he-flag.html" target="_blank">Trend Micro CTF 2018

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【大学受験2019】杏林大医学部で出題ミス、2名を追加合格に

 杏林大学は2019年2月14日、同月1日に実施した2019年度(平成31年度)医学部医学科一般入学 …

学習・教育
約6割が「AIによる暮らしの利便性向上」を期待、ジャストシステムFastask調べ

ジャストシステムは14日、同社の情報サイト「Marketing Research Camp(マーケテ …

学習・教育
都内公立校の働き方改革、学校サポートの新財団を設立

 東京都教育委員会は2019年2月14日、「学校における働き方改革の成果と今後の展開」をWebサイト …