セキュリティのより高度な知識・スキルを証明する「CASP」日本語試験の配信を開始―CompTIA日本支局

資格・スクール

 「CASP」は、ワールドワイドで提供されているベンダーニュートラルな認定資格で、エンタープライズセキュリティ、リスクマネジメント、調査と分析、コミュニケーション、コンプライアンスなど、幅広いセキュリティのスキルを証明できる。

 同資格は、2011年12月31日に国際標準化機構(ISO)と米国規格協会(ANSI)より認定を受けており、試験では複雑化する企業のIT環境をセキュアに維持していくために必要な知識とスキルを問う問題や、企業でのIT環境をセキュアに運営し続ける上で、企業横断的に必要とされるセキュリティソリューションの考え方と判断方法など、実践に則した問題を出題する。

 なお、今回配信を開始する「CASP」は、「CompTIA Security+」の上位キャリアパスとして設計されており、必須ではないが「CASP」の受験にあたっては「CompTIA Security+」相当のスキルが推奨される。

 出題範囲は、リスクマネジメント(19%)、エンタープライズ・セキュリティ・アーキテクチャ(25%)、エンタープライズ・セキュリティ・オペレーション(20%)、エンタープライズセキュリティにおける統合技術(23%)、調査・開発及びコラボレーション(23%)で、出題数は最大90問。出題形式は単一/複数選択、試験時間は165分。資格取得から3……(中略)…… を含む)。

 受験料は、一般が5万5614円、会員なら4万7272円(ともに税込み)。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
「エンジニアになるまでの1日の平均学習時間と学習期間」の調査結果を発表―侍

 現役エンジニア50名を対象に、エンジニアになるまでの1日の平均学習時間を聞いたところ、平均4時間2 …

資格・スクール
日本の大企業でHR Techが広まらない理由、米国でHR Techがどんどん先を行く理由とは

大企業でHR Tech導入が進まない理由とは ――まずは2019年のHR …

資格・スクール
ポートフォリオ自動生成サービス「LAPRAS」、「Doorkeeper」からの情報取得に対応

本記事は、CodeZineニュースからの転載です(元記事)。  「LAPRAS」は、「 …