サイバーセキュリティのアウトソーシングと人材サービスを融合した「e-gate」を提供開始―サービス&セキュリティ

資格・スクール

 2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックを控え、日本国内でもインフラに対するサイバーセキュリティ対策が重要な課題とされている。さらに、2020年には国内のサイバーセキュリティ人材が20万人弱不足するという、経済産業省の調査結果もある。SSKはこうした状況を鑑み、サイバーセキュリティのアウトソーシングとエンジニア提供を融合したサービス「e-Gate」をリリースした。

 e-Gateでは、セキュリティ人材サービス、セキュリティ運用管理サービス、セキュリティ対策支援サービスを軸に、顧客のサイバーセキュリティ対策をトータルにサポートする。サービス導入後のアフターフォローも行う。

 セキュリティ人材サービスでは、セキュリティエンジニアが顧客のプライベートSOCやCSIRTに常駐し、セキュリティシステムの運用監視やインシデント発生時の原因調査を行う。そのほか、情報資産管理とリスクアセスメントやパッチ提供作業、セキュリティ製品のコンフィグ投入作業などの業務も請け負う。

 セキュリティ運用監視サービスでは、AI技術を使ったセキュリティ機器のリアルタイムログ分析を行い、精度の高い攻撃なども検知する。セキュリティ対策支援サービスでは、各種診断からアドバイス、システム構築まで、情報セキュリティに関するさまざまなニーズに対応するという。

……(中略)…… 個別見積り、セキュリティ対策支援サービスの価格は40万円~、セキュリティ運用監視サービスの価格は月額30万円~。

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
「アジアプログラミングコンテスト2019」3か国の受賞者が決定!

小・中学生向けの英語&プログラミングスクール「D-SCHOOL」を運営する、エデュケーショナル・デザ …

資格・スクール
これからのITエンジニア採用で重視すべきは候補者体験、それを高める2つのツールとは――ギブリー 山根淳平氏

エンジニア採用に押し寄せる環境の激変  ギブリーは「すべての人に成長を」 …

資格・スクール
自社が求めるエンジニアをスカウトできるマッチングサービス「侍スカウトプロ」を提供開始―侍

 侍スカウトプロは、侍エンジニア塾の累計1万6000名の指導実績を活かし、転職したいエンジニアと、エ …