コーチングスキル力を身につけて部下を育てよう

スキルアップ
<!----> コーチングスキルとはリーダーによるコミュニケーションアドバイス

100以上あるコーチングスキル。活用するときは目的を意識することが大切

コーチングスキルは新たに発明されたものではなく、うまくメンバーの力を引き出し、後進を育てている人たちのコミュニケーションを観察し、その特徴を体系化したものです。

コーチングスキルは100以上あると言われていますが、そのすべてが次の3つの目的を意識して適用されます。
 

相手の自律性を促す 相手の力を発揮させる 相手の成長を促進する
普段、何気なく行っているコミュニケーションもこの3つの視点で見直すと、メンバーやチームをうまく活かせるマネジメントスキルに進化させることができます。

今回は、ビジネスシーンを牽引するマネジャーや、リーダー層に役立つと思われる代表的なスキルを目的別に紹介します。
 

<目次>     1.安心感を築くスキル「ペーシング」 リーダーはメンバーに行動を促し続ける必要があります。そのとき、メンバーが抵抗感を持つかそれともスムーズに行動に移るかは、リーダーとの間にある安心感が大きく影響します。人は生き残るために常に目の前……(中略)…… てみてください。

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
スキルアップ
英語での宛先の書き方!ビジネス作法や手紙・メールに使える例文

<!– –> 会社・個人宛住所の英語での基本の書き方 アメリカを …

スキルアップ
英語が公用語なのはなぜ?世界共通語になった理由とは

<!– –> 公用語としては英語が一位だけど……国際ビジネスで使 …

スキルアップ
仕事力が決まる4つの要素

<!– –> <目次>   仕事力のあるビジネスパーソンはなぜ出 …