クラーク記念国際高、「NET+コース」5キャンパスで新規開講

学習・教育

クラーク記念国際高等学校は、自分のための学びに自分で取り組める人を育てる自律学習支援型プログラム「NET+(ネットプラス)コース」を、4月から千葉、名古屋、京都、大阪梅田、福岡の5キャンパスで新規開講する。

コーチング担任が生徒をサポート

同コースが目指すのは「自ら学び続ける力」の獲得。思考力・判断力・表現力・主体性・協働性・多様性の6つのスキルを備え、自らの人生を自らで決断できる力を持った生徒の育成に努める。

生徒一人ひとりに対して、学習心理支援カウンセラーの資格を持った教員がコーチング担任として学習をサポートし学習計画をプランニング。自律学習のサイクルモデルに基づいたサポートや、学習の動機づけ・学業ストレスのケアなどを行う。

授業は同校が独自に開発した映像を中心として実施される。高校卒業資格のための映像授業に加え、大学進学のための質の高い映像授業を用意し、いつでもどこでも学べるようにした。また、各キャンパスに設置した大学生チューターが常駐する自習室も自由に使える。

さらに、外部教育機関と連携することで、生徒一人ひとりが学びたいことを任意でプライムコンテンツとして追加受講できるようになっている。同コースが設定するプライムコンテンツは「プログラミング」と「イン……(中略)…… k.ed.jp/about/choice/netplus/" target="_blank">NET+コース

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
小中学生の母親、勉強よりも「体づくり」に関心

 小中学生の子どもを持つ母親は、勉強より「体づくり」への関心が高いことが、雪印メグミルクが発表した調 …

学習・教育
Z会×エンビジョン、小6向けのオンライン英会話レッスンを来春から開始

Z会とエンビジョンの2社は、2020年4月から、Z会の通信教育「小学生コース」6年生の英語講座受講者 …

学習・教育
ソニー、toioで学ぶロボットプログラミング12/14

 ソニー・サイエンスプログラムは2019年12月14日、小学3年生から小学6年生を対象に、「toio …