クラウドテクノロジーを戦略的に活用できるDigital Readyな人材を育てる――クラウド認定評議会代表 Mark O’Loughlin氏

資格・スクール
設立目的はクラウドに関する認識のギャップを矯正すること

――クラウド認定評議会(以下、CCC)はなぜ設立されたのでしょうか。

 デジタル全盛の時代の中、CCCは2つの目的で設立されました。一つはITプロフェッショナルの方たちに新しいテクノロジーへの準備をしていただくこと。もう一つは、ベンダーニュートラルな資格を作ることです。AmazonやMicrosoftといった特定の企業に固定しない、世界に幅広く通用する資格を提供したいと考えています。

 現在、私たちは「RU Digital Ready?(人も組織も、デジタルになる準備はできていますか? RU = Are you)」と顧客の皆さんに問いかけています。ベンダーニュートラルな資格を取得した組織の方であれば、この問いに答えられるでしょう。テクノロジーの動向に対しては、個々人はもちろん、組織としても対応していかなければならないのです。

 また、現在でも同じ状況が続いていると感じていますが、CCCの設立当時、組織の方々が持つクラウドへの認識や知識と、実際の活用状況との間に大きなギャップがありました。ギャップとは、例えばクラウドを使った戦略、セキュリティに対しての認識、あるいはサービスマネジメントへの認識などです。中でも一番問題と感じたのは、クラウドに対する認識……(中略)…… omputing Foundation」およびCompTIAの「Cloud Essentials」。

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
2019年9月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、技術系(IT・通信)の求人は引き続き10倍超え―パーソルキャリア

 2019年9月の転職求人倍率は、前月比0.10ポイント減の2.69倍で、求人数は前月比100.2% …

資格・スクール
プログラミングやデータサイエンスの問題を出しスキルを見極めて求職者にオファーできる「athletics」を提供開始―ギブリー

 同社は、2016年より展開しているプログラミングスキルチェックツール「track」を通じて、エンジ …

資格・スクール
リファラル採用に関するアンケートを実施、30%がすでに導入済みも成果は少しずつ―MyRefer

 同調査は22~59歳の人事417名(男性191名、女性226名)を対象として、9月20日~9月30 …