カシオ、電子辞書14機種発売…学生向け英検対策を強化

学習・教育
 カシオ計算機は2019年1月25日より、電子辞書“EX-word(エクスワード)”シリーズの新製品として、英検対策コンテンツを拡充した高校生モデルなど14機種を順次販売する。店頭予想価格は、高校生モデルが3万8,000円前後。

 今回発売されるのは、高校生・中学生向けの学生モデル2機種、教養やビジネスに役立つ生活・ビジネスモデル3機種、英・独・仏・中・伊・西/葡・韓・露の専門辞書を収録した外国語モデル8機種、理数系の学習に役立つ専門モデル1機種の計14機種。

 5.2型のフルワイドVGA高精細カラー液晶を備え、行間スペースの拡大や効果的な文字色活用により読みやすさを改善。また、言葉をタッチペンでなぞるだけで、ミニ辞書を参照でき、そこからジャンプ検索・音声など利用できる機能を一目でわかるようにメニュー表示を改良している。

 高校生モデル「XD-SR4800」は、2020年度の大学入試改革により英語の4技能(聞く・読む・話す・書く)を測る民間検定試験として注目されている英検対策の学習コンテンツを拡充。「英検過去6回全問題集」「英検予想問題ドリル[新試験対応版]」をはじめ、語彙力を強化できる「英検でる順パス単」単語力とリスニング力をアップできる「キクタン英検」を収録した。コンテンツ数は215、カラーはブラック・ホワイト・ブルー・グリーン・イエローの5種類。<……(中略)…… 。店頭予想価格は、高校生モデルが3万8,000円前後、中学生モデルが3万4,000円前後(いずれも税別)。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【小学校受験】文教大付属小など、私立小学校でアフタースクール続々展開

 文部科学省「学校基本調査」によると、1990年から2016年の小学生の数は937万人から639万人 …

学習・教育
キャスタリア、学ぶことを学ぶウェブメディア「まなびとき」をオープン

キャスタリアは12日、ビジネスや哲学などさまざまな観点から「学び」を考えるオウンドメディア「まなびと …

学習・教育
VR教材で患者体験をしよう〜仮想現実でICTを活用した看護師育成講義〜

【寄稿】旭川大学 保健福祉学部看護学科 宮崎剛司 本単元を指導するに当たって、看護師の育成に仮想現実 …