カオナビ新機能のβ版を試せる場「KAONAVI HELLO」をリリース、第1弾はエニアグラム―カオナビ

資格・スクール
KAONAVI HELLO

 「KAONAVI HELLO」は、β版の段階で新機能を試せる機会を提供し、より迅速なサービス提供を可能にする。カオナビの導入企業は、契約プランに関係なく最新の機能が利用できるようになる。

 さらに、KAONAVI HELLOで提供したβ版の機能は、ユーザーの声を直接聞きながら改良を重ねられるため、正式版はユーザビリティが磨かれた上でのリリースとなる。

 KAONAVI HELLOで提供されるβ版機能の第1弾は、性格診断「エニアグラム」。同社は、タレントマネジメントを実施する上で、“人の本質を理解すること”が重要と考えており、エニアグラムが従業員同士のパーソナリティ把握に寄与するツールであるとの考えから、今回の提供に至った。

 エニアグラムを導入することにより、企業では従業員同士のコミュニケーション活性化や、個々のパーソナリティを把握できるほか、従業員同士の「顔と名前の一致」が促進されるという。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

……(中略)…… ン活性化や、個々のパーソナリティを把握できるほか、従業員同士の「顔と名前の一致」が促進されるという。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
HITO-LinkパフォーマンスがOKRの運用定着機能を強化―パーソルプロセス&テクノロジー

 同社では、OKR最大の特徴は「会社のビジョンと個人の目標の方向性を統一できる」ことにあり、そのため …

資格・スクール
ロボット検定2019年度 第2回目実施

中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田 哲次)が運営するロボット製作×プログラミング×STEM …

資格・スクール
API連携により「AKASHI」に登録されている従業員情報を「HRBrain」へ同期可能に―HRBrain

 両製品のAPI連携により、手間を掛けることなく、従業員情報を入力・更新できるようになる。例えば「H …