オープン・イノベーションに関する実態調査、営業利益成長率が高い企業ほどイノベーションを生み出してきたと回答―リクルートマネジメントソリューションズ

資格・スクール

 「オープン・イノベーションに関する実態調査」は、従業員規模300名以上の企業において、新規事業開発、新商品・サービス開発といった新規開発に自らの業務として携わっている、22歳~65歳の会社員334名を対象に、2018年12月に実施している。

 調査対象者のうち、この10年(または10年以内の創業から調査時点まで)に、「自社の有力製品・サービスを根本から変えるような、新規事業、新技術、新商品・サービスの数」が同業他社と比較して多く生まれていると回答した人は35.9%だった。

 業界水準より高い営業利益成長率を維持できている企業は、業界水準を超えるイノベーションを生み出してきたと答えた人の71.3%を占めているのに対して、業界水準と同程度以下と答えた人では24.9%、業界水準未満と答えた人では7.4%にとどまっている。

 オープン・イノベーションの推進状況について尋ねた質問では、「担当する新規開発業務において、オープン化が推進されている」という回答は64.4%で、新規開発にて社外連携による成果が見られる企業は3分の2、自前主義を貫いている企業は3分の1と、多くの企業でオープン・イノベーション活動の存在が確認できた。

 同研究所は、オープン・イノベーションを成功させるカギとして、社外連携の探索活動の観点では「リスクをとった……(中略)…… か、担当者が強化すべき行動や能力としては、「発想力」「論理的に思考・説明する能力」「巻き込み力」を挙げている。

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
あなたはあおられ危険度、何パーセント?!出張運転テクニック診断&講習サービス「煽られ危険度診断」開始

岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Biz(所在地:愛知県岡崎市、センター長:秋元 祥治、以下「OK …

資格・スクール
中途社員を退職に追い込む「たこツボ」から救い出す方法

中途採用の社員が辞めたワケ  以前勤めていた会社で、中途採用の若手社員が …

資格・スクール
「アジアプログラミングコンテスト2019」3か国の受賞者が決定!

小・中学生向けの英語&プログラミングスクール「D-SCHOOL」を運営する、エデュケーショナル・デザ …