オンライン完結型インターン“MISSION”を公開、開発課題をクリアしたエンジニアにアプローチできる―TechBowl

資格・スクール

 「TechTrain」は、現役社会人ITプロエンジニアがメンターとして指導してくれる点が特徴のエンジニア養成サービス。30歳以下を対象ユーザーとしており、プログラミングを教えるよりもむしろエンジニアリングを磨く場を提供するという。

 「MISSION」ではエンジニアを採用したい企業がTechBowlが開発課題(Mission)を作成し、それをTechTrainのユーザーに取り組んでもらう。MISSIONに取り組んでいるユーザーは、メンターに相談することができる。また、MISSIONをクリアしたユーザーには、企業担当者から直接フィードバックを受けたり、オフィスでの交流会に参加したりする機会を提供する。

 ユーザーは、各社の技術情報や採用HPなどを自発的にリサーチしながらMISSIONに取り組むため、クリア後に企業担当者と面談・面接を行う場合も、企業の事業・技術・カルチャーを深く理解した上でコミュニケーションをとることができる。会社理解に時間をかける必要がないため、結果的に選考フローが短縮化されるという。また、MISSIONに取り組んだユーザーのタレントプールも構築できると同社では述べている。

 ユーザーはTechTrainのトップ画面(下図)で好きな企業・技術・レベル・テーマのMISSIONを選択……(中略)…… ズ、LIFULLのMissionを公開。今後他の企業ともMISSION開発を進めていく。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
教師のためのオンラインスクール「しあわせ先生塾」【第3期】体験会を6月4日・5日開催!

先生の不安、悩みを解決するオンラインスクール、しあわせ先生塾(所在地:埼玉県さいたま市、代表者:梶谷 …

資格・スクール
緊急事態宣言後の働き方に関して「Return to Workplace基本方針」を策定―日本IBM

 Return to Workplaceの4つの段階は、次のWave 0からWave 3までとなって …